スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プラモ】ハセガワ T-4 ブルーインパルス 製作 #6 クリアパーツ&デカール貼り

P1380132.jpg

今回はキャノピーのクリアパーツとデカール貼りをやってこうと思います。
さて、このクリアパーツは真ん中にパーティングラインが堂々とありますのでまずはこれを消してやりましょう。

ペーパーで慎重にサンディングして徐々に番手を上げてやります。

P1380133.jpg
1000番

P1380136.jpg
1200番

P1380134.jpg
1500番

P1380135.jpg
2000番

P1380137.jpg
6000番&コンパウンド

クリアパーツは少しでも傷や曇りが残ってるとかなり目立ちますから丁寧に処理する必要がありますね。


P1380139.jpg

P1380140.jpg

マスキング後、サーフェーサーを吹いてボディ色を乗せてやります。
このパーツは後でまた手を加えてからモデリングワックスで仕上げます。


さて、機体にデカールを貼っていきますが残念ながらミスがありました。

P1380142.jpg

1つはコクピサイドの日の丸 ちょうど色の境目に貼るのでがっつり透けてしまいました^_^;
実はここは事前に透けるだろうと思って日の丸部分は白抜きする予定でしたがすっぽり忘れてしまいましたw

P1380147.jpg

まぁそんなこともあろうかと買っておいた予備機体からデカールを拝借して重ね貼り モールドの線が見えますが色の差は目立たなくなりましたね(^^)


P1380145.jpg

もう1つはコレ あれだけ慎重に合わせたはずの主翼の青三角とデカールのダークブルー部分がずれてしまいましたorz
そもそもこのグレーラインのデカール自体がいまいちぴったり合わなかったので貼る前より若干伸びたのかもしれません(それにしても差が大きいので最初の位置合わせが狂ってたんだと思います^_^;)

P1380156.jpg
P1380157.jpg

とりあえずこれは目立つのでリカバリーします。
まずはデカールが剥がれないようにクリアーを吹いておきます
このグレーラインは資料ではクレオスのライト・ガル・グレー(FS36440)ですが手持ちのライトグレー(FS36495)とニュートラルグレーで調色出来ます。

P1380158.jpg
                 
ダークブルー部分ですが指定はクレオスのダークブルー(FS35056)ですがこちらの塗料はすでに絶版で手に入らないようですがフィニッシャーズのブライトブルーがほぼ同じ色のようです。

P1380159.jpg
P1380160.jpg

うん、ほぼわからない位にリカバリー出来ましたね。
ここの部分は最初から塗装でやったほうが簡単だし綺麗に出来そうなので2機目からは塗装でやりたいと思います。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harmoniamusic.blog89.fc2.com/tb.php/319-8947522c











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。