スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プラモ】ハセガワ T-4 ブルーインパルス 製作 #4 ボディ・主翼

P1380071.jpg

さて、前回に引き続きボディの合わせ目消しです。
コックピットのインパネカバーですがこちらは合わせ目の真ん中に凸モールドがあります。
とりあえずモールドは気にせず削っちゃいます。
P1380077.jpg

合わせ目処理が終わったところで伸ばしランナーで凸モールドを復活させてやります。


P1380079.jpg

うん、きれいに修正できましたね(^^)


P1380083.jpg

ボディ下面の合わせ目も処理します。
こちらもしっかりモールドにかかっちゃってますのでサンディング後に彫り直し
いやー、エアモデルはこの作業が本当に大変ですね^_^;


P1380085.jpg

飛行機の命の主翼の作成です。
上面、下面の張り合わせになってますが内部が空洞になってしまうので押すとへこんでしまいます。
本当はパテなどで内部補強するべきなのですが最終的なディスプレイを考慮してなるべく軽くしたいので端折りました、まぁ力をかけることはないので大丈夫でしょう^_^;


P1380086.jpg

さて、主翼を機体に仮組みしたところずいぶん下反角が浅い感じでした

T-4フ~1

T-4の下反角は約7°ですので飛行状態を考慮したとしてもちょっと浅すぎますね。


P1380087.jpg

主翼付根の下面を削って下反角を増してやりました。

P1380088.jpg

この状態だと主翼上面の接合部の隙間が大きくなってしまいますので

P1380096.jpg

マスキングして溶きパテを盛ってやります。

P1380098.jpg

半乾きでラッカー溶剤を染み込ませた綿棒でふき取ってやればきれいに合わせ目処理が出来ますね(^^)


P1380100.jpg

これでいい感じの主翼になりました。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harmoniamusic.blog89.fc2.com/tb.php/317-776f7c8f











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。