スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニコニコ動画にうpしてみました

この前買ったデジカメに動画撮影機能が付いてたのでウィンドシンセの演奏をニコニコ動画にうpしてみました(^^)v

スポンサーサイト
[ 2007/08/19 23:09 ] DTM関連 | TB(0) | CM(0)

カノン ニ長調 弦楽四重奏

カノン ニ長調 弦楽四重奏を聴く

ウィンドシンセサイザーでの多重録音による演奏です。 過去に録音したものですがよろしかったら聴いて下さい。
これは弦楽四重奏板ですが実際は吹奏楽器での演奏ですので表現がおかしなところがあるかもしれませんw
[ 2009/11/20 00:00 ] DTM関連 | TB(0) | CM(0)

C,ドビュッシー 夢想

ドビュッシー 【夢想】を視聴する

絵画における印象派の作品と同様に、ドビュッシーの作品の多くは、音によって「光と影」や「色彩」を表現しようとしています。彼は、17世紀後半からロマン派にかけて発展した機能和声、調性の枠を超えた自由なハーモニーや旋法を用いることによって独自の表現に成功しました。 この「夢想」は、1890年に作曲された、ドビュッシーのピアノ曲としては比較的初期のものですが、タイトル通りファンタジックなハーモニーにつつまれた美しいメロディーと、フェードアウトするような終わり方がとても印象的な小品です。
自分も大変好きな曲なのでよく演奏しましたがPIANO原曲のこの作品をオーケストラアレンジにしてみました。
ウィンドシンセサイザーとサンプラー音源による多重演奏録音です。
ドビュッシー独特の和声の響きを意識して透明感のある仕上がりになったと思います。
音源はGARRITAN PERSONAL ORCHESTRAを使用しました。
[ 2009/11/28 01:01 ] DTM関連 | TB(0) | CM(0)

DTMあれこれ

たまにはレースシム以外の記事でも書いてみようかとMIDI入力と音源についてちょいと
まぁ興味のある方は読んでみて下さいw

DTM(デスクトップミュージック)においてのMIDI入力のしかたには大きく分けてステップ入力(PC上で一つ一つ音符を置いていく)とリアルタイム入力(MIDI楽器などで実際に演奏する)がありますがステップ入力だとどうしても機械っぽさが出てしまいます。
これはジャンルによって善し悪しがあると思いますが私は主にクラシック(オーケストラ)の作品を好んで作るので特に抑揚や感情をフレーズにこめたいのでほとんどのパートをリアルタイム入力で演奏して作ります。
音楽用語でいえばモルト・エスプレッシヴォ~! って感じですかねw

あとステップ入力ですと音符を入力→ベロティシィ(1つの音のアタックの強弱)を入力→エクスプレッション(抑揚)を入力と非常に手間がかかる作業になります。
それでいて自分の思い描いているイメージにはなかなか作れません><

いちおう参考までに過去にステップ入力で作った曲を↓
タイスの瞑想曲
無伴奏チェロソナタ
(両方とも音源はSC-88pro)

入力がへたくそってのもありますがいかにも機械の演奏って感じですね^_^;
これでも頑張って表情付けようとしたんですがw


そしてリアルタイム入力ですがこれはその名のとおりリアルタイムで演奏してその数値をMIDIデータとしてPCに入力していくものです。
入力というより録音に近い感覚ですね。
演奏技術さえあればこちらのほうが格段に楽です。
しかもオーケストラ曲で言えば演奏者と指揮者の両方を楽しめますしね(^^)

そして音源ですが私か使ってる機材はウインドシンセサイザー、キーボード、ドラムパットなどですがこれらはそれ単体では一切音を出すことができません。
外部音源やPCと接続してサウンドデータをプラグインさせてはじめて楽器となります。
たとえば私の使っているキーボードは2万そこそこの安物ですが音源さえいいのを使えばそれこそスタインウェイ(高っかいピアノ)の音色だって再現できてしまうわけです。
ちなみに使ってるピアノ音源はこちら
この音源はソフトサンプラーというもので実際の楽器の音色をサンプリングしたものです。
同じような音源にソフトシンセというものがあります。 これはCPUによって音信号を合成して各楽器の音色を作ります。
他にも実際の機材を用いるハードウェア音源など無数にあります。

では各音源を聞き比べてみましょう。ちなみにほぼすべてのパートをリアルタイム入力で演奏してます。

まずはSC-88proというハードウェア音源です。 外付けの機材によって音色を合成したものです。
組曲カルメンより~間奏曲
ハープはステップ入力で打ち込んでしまったので単調ですねw DTM始めたばかりの頃の作品です

次はソフトシンセを OrchestralというVSTiです。
管弦楽組曲3番 BWV1068より~Air
Siciliano from"Pelleas et Melisande"
逝き王女の為のパヴァーヌ
リアルタイム入力には使い勝手のいい音源なので好んで使いますが若干媚びる音色というかシンセ臭さが出てしまってます あとたくさん音が重なったときなどは各楽器の粒が潰れてしまいがちですね。

最後にサンプラー GARRITAN PERSONAL ORCHESTRAという音源です。
胡桃割り人形より~中国の踊り
夢 ~REVERIE~
ナ※※カの曲 ←これは著作権的にあれなんですぐ消しますw
音色的には自分好みなのですが扱いの難しい音源です。 シンセに比べて音の輪郭がハッキリしてますね。

と、まあ興味の無い人にはなんのこっちゃ的なことをつらつら書いてみましたw

最近はレースシムばかりで全然DTMやってないなぁ。。w
[ 2010/06/11 03:53 ] DTM関連 | TB(0) | CM(0)









    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。